身体の部分的に剛毛地帯がある

現在35歳、男性です。

中学生くらいを境に、急激に体毛が発達し始めました。

とはいえ、肌が見えないほどではなく、人より若干濃く見える程度です。

状態としては、密度というよりは一本一本の毛の長さが人並み以上というのと、部分的に剛毛地帯がある感じ。

まずは処理についてですが、生まれてこのかた体毛に関しては手を付けたことがありません。

もちろん、顔に関しては眉やヒゲ、もみあげを整える程度のことはしますが、手足やからだは自然のまま。

理由としては、ハサミやカミソリを使って体毛を処理すると、濃くなるという話を聞き、今一歩踏み出せずにいます。

毛のが濃いというのも、見た目あまり気持ちのよいものでもないので、基本は長袖、ズボンを着用し人目に晒さないようにしています。

とはいえ、家では楽なのでTシャツ、短パン、近所のコンビニ程度なら、剛毛を晒してます。

男子といえど、意外に美容グッズにも興味があり、脱毛に関してネットで調べたり、家電量販店なんかで脱毛器具をみたりもしますが、いかんせん効果が保証されないのと、高額な金額がかかるため、こちらも一歩踏み出せない感じ。

前に、ユーチューブでブラジリアンワックス施術風景の動画を見たことがあります。

モデルは外国の女性で、固まったワックスを剥がす度、声は出さなかったものの、表情がその痛みをものがたっていましたし、若干出血してました。

女性の細い毛ならまだしも、毛根がしっかりと根付いた太ぶととした男性の毛の場合、若干の出血どころか皮膚が剥がれて完全に怪我レベルになるのは間違いないでしょうね。

ともあれ、脱毛を目的とした処置の中では、一番効果があるのも間違いないでしょう。

さて、何も行動を起こせず、現在毛深い状態で生活しているわけで、これまで色々と、それにまつわるエピソードがあるのですが、一番ショッキングだった話は、彼女に言われた手の甲のホクロ。

冒頭でも述べたように、部分的な剛毛がある一つに、手の甲(薬指と小指の間の付け根)があり、直径が3cmくらいの円状の肌が見えないくらい剛毛スポットがあります。

彼女がホクロと間違えるくらい。

20代前半の時の話で、恥ずかしくショックでした。ちなみに2つ上に姉がいるんですが、姉も毛深くて悩んでいました。

思春期の頃はいろいろと毛が薄くならないか調べてたりしましたね。

で、結局福岡市内になる脱毛クリニックで永久脱毛をしていました。※医療脱毛福岡

やっぱり、毛深いのは遺伝するんですね。

企業支援事業のご紹介

知的財産活動(知的財産制度を利用して、競争力を強化する企業活動)を通じて、経営基盤を強化し、未来に向けて成長を志向する企業を認定し、更なる発展を目指して支援します。

「事業計画」、「知的財産活動への目的・位置付け」、「知的財産活動を実践する仕組み」、「知的財産活動の事業への貢献」の面から評価し、一定水準以上の企業認定し、支援を行います。

認定に至らなかった企業も、状況に応じた支援につなげていきます。

 

知財とは?

知財とは、「知的財産」「知的財産権」の略となります。

知的財産とは、物としての財産ではなく、知的創造活動によって生み出されたものを、創作した人の財産として保護するための制度のことを言います。
情報の特徴として、利用しても消滅せず、容易に模倣されやすいという点があります。

そのため、知的財産を創造した人の権利を保護し創造意欲を促進する必要があります。それが知的財産権制度になります。

「知的所有権」や「無体財産権」とも呼ばれ、「著作権」、「産業財産権」、「その他」の3種類に大別されます。

 

産業財産権

・特許権
・実用新案権
・意匠権
・商標権

 

著作権

・著作権
・著作隣接権
・実演
・レコード
・放送
・有線放送

 

その他

・回路配置利用権
・育成者権
・原産地表示・地理的表示
・インターネット上のドメイン名
・商号権
・肖像権
・周知表示
・著名標識
・商品形態
・タイプフェース
・営業秘密

 

 

知的財産活動と一言で言っても、色々とあるのでなんか難しいですね。。。

私が持ってる財産といえば、使い古したブランド品のバッグぐらいか…汗

私の大事な財産です(笑)